再生医療に取り組む最大の理由は、将来この治療の研究が進み、普及されることで多くの人を救うことができるからです。

しかし、現在再生医療は保険適用が認められていないため、治療費は高額(300万〜2000万円)となり、誰もが受けられるものではありません。
この常識を変えるため、私たちが目標としているのは「再生医療の治療費の軽減」です。

特に糖尿病治療では大きな治療結果を期待できます。
また、ケガ・膝や肘、筋肉などの外傷を受けたが手術はしたくない方(スポーツ障害)や、ご高齢で膝や肘、股関節などの変形性関節症などでお悩みの方に大きな治療効果が期待できます。
というのも、培養幹細胞の治療では、痛みを軽減するだけではなく、軟骨そのものの再生をするからです。

再生医療市場の現状

厚生労働省により再生医療の許認可を受けて治療を行うクリニックは全国で「約2,900件」(2021年10月)。
これまで根治が困難であった糖尿病や脳梗塞による脳血管障害、変形性関節症などの改善例が多く報告される中、この2~3年で再生医療への期待が大きく高まってきている。

これまで多くの医療機関と関わりを持ち、再生医療(培養幹細胞)などの機器メーカーや再生医療専門の許認可を代行する行政書士や専門のコンサルタントからの情報収集を通して調査したところ、幹細胞の培養技術や医療機関での再生医療の症例が報告されはじめた2021年~2025年頃までがビジネス視点から捉えた参入適正タイミングだと考えています。

最近では、再生医療を行う医療機関により、インターネット広告やSNSなどの媒体を通じ、美容に関する再生医療や糖尿病、脊髄損傷、脳血管障害アルツハイマー型認知症などの改善例が報告されるようになってきています。

また、再生医療をクリニックなどの医療機関で行う場合、厚生労働省に認可された「認定再生医療等委員会」などの倫理委員会の厳しい審査を受ける必要があります。

そのため、再生医療を行えるクリニックなどの医療機関は今後急激に増えるという傾向にはありません。
培養士などのテクニシャンもわが国には多く存在しないため、こちらも今後急激に増加する可能性も低いと思われます。
そのような背景から、当社では再生医療への参入を計画・準備しています。

再生医療の普及

再生医療に取り組む最大の理由は、将来この治療の研究が進み、普及されることで多くの人を救うことができるからです。

しかし、現在再生医療は保険適用が認められていないため、治療費は高額(300万~2000万円)となり、誰もが受けられるものではありません。
この常識を変えるため、私たちが目標としているのは「再生医療の治療費の軽減」です。

特に糖尿病治療では大きな治療結果を期待できます。また、ケガ・膝や肘、筋肉などの外傷を受けたが手術はしたくない方(スポーツ障害)や、ご高齢で膝や肘、股関節などの変形性関節症などでお悩みの方にも大きな治療効果が期待できます。
というのも、培養幹細胞の治療では、痛みを軽減するだけではなく、軟骨そのものの再生をするからです。

厚生労働省より再生医療の認可を受けて治療を行うクリニックは全国で「約2,900件」(2021年10月)。これまで根治が困難であった糖尿病脳梗塞による脳血管障害変形性関節症などの改善例が多く報告される中、この2~3年で再生医療への期待が大きく高まってきている。

これまで多くの医療機関と関わりを持ち、再生医療(培養幹細胞)などの機器メーカーや再生医療専門の許認可を代行する行政書士や専門のコンサルタントからの情報収集を通し調査したところ、幹細胞の培養技術や医療機関での再生医療の症例が報告されはじめた2021年~2025年頃までがビジネス視点から捉えた参入適正タイミングだと考えています。

最近では、再生医療を行う医療機関により、インターネット広告やSNSなどの媒体を通じ、美容に関する再生医療や、糖尿病、脊髄損傷、脳血管障害、アルツハイマー型認知症などの改善例が報告されるようになってきています。

また、再生医療をクリニックなどの医療機関で行う場合、厚生労働省に認可された「認定再生医療等員会」などの倫理委員会の厳しい審査を受ける必要があります。

そのため、再生医療を行えるクリニックなどの医療機関は今後急激に増えるという傾向にはありません。培養士などのテクニシャンもわが国には多く存在しなないため、こちらも今後急激に増加する可能性も低いと思われます。
そのような背景から、当社では再生医療への参入を計画、準備しています。

上部へスクロール